iphoneフロントパネル修理でバキバキに割れた液晶も元通り

  1. ホーム
  2. 画面割れを予防するために

画面割れを予防するために

電話を持つ人

画面と本体を守るアイテム

iphone6を購入したら、画面が割れないように専用ケースを手に入れましょう。ケースを利用する目的は個性を出すだけではなく、本体と画面を衝撃からガードするためです。iphone6は旧バージョンよりも画面が丈夫になっていますが、やはり落下の衝撃が加わると割れないとは保証されていません。トップスの胸ポケットやパンツのポケットから地面に落としてしまい、完全に割れてしまうケース、ヒビが入るケースは珍しくありません。けれどご安心下さい。iphone6のケースを装着すれば、見た目もよりオシャレになるだけではなく、画面をガードすることができます。画面をいつまでも美しく保つことができますし、よほどのことがない限り割れないので修理に出すこともありません。ちなみに、もしiphone6の画面が割れてしまうと修理代は平均1万5,000円かかるのでご注意下さい。金銭的なダメージはもちろん、修理に出して戻って来るまでの間、大事なiphone6が手元から離れてしまうのも辛いポイントです。画面を割れないよう、ケースでしっかり守って下さい。

素材とデザインの選び方

iphone6を落としても割れないようガードしてくれる専用ケースは、どんどん多機能化されています。特に人気があるのは、防水機能を備えたケースです。海辺によく行く方はもちろん、汗の量が多く手の汗で画面が濡れるのが心配な方にも、防水機能は欠かせません。また、最近はバンカーリング付きのケースも売れています。iPhoneは滑りが良いので、手に持っていてもうっかり下に落としてしまうことがあります。バンカーリングがついたケースなら指にはめて持つことができるので、落下を防ぎ画面を守りやすくなります。しかも立てたい時はリング部分が支えになるので、仕事や勉強中調べものをしながらiPhoneを使う時に便利です。このように、画面を守るアイテムを利用して本体を美しく保つことができると、次のバージョンにもり変える時に高い価格で受け取ってくれるメリットもあります。